油圧ホース修理【自動車部品・配管をホースに製作】

【パワステ配管をホースに!】

トラックや、マイクロバス、等々のパワステ配管やエアー配管
長い間頑張っているパイプたちは その間 徐々にボロボロになっていきます。

特にここ、飛騨近辺はなおさらです。
飛騨ではというよりも雪国ではといったほうが語弊がないかもしれませんね。
冬の間、凍結防止のために散布される塩カリを腹下に受け
どんどんボロボロになっていってしますのです。

気がついたら穴が開いていた!
錆びて亀裂が入ってしまった! という現状、
これは致し方のない事実です。

時間が許す場合は純正部品を取り寄せて交換することで解決するのだと思いますが、その時間がない場合にはホースを製作することも選択肢にいれてみてはどうでしょうか。

弊社、小鳥商会では
【パイプ破損→ホース製作交換】のご依頼がふえています。
昔はあまりなかったのですが、近年よくご依頼をいただき
その相談数も増えています。
「パイプの取寄せ・交換よりも、ホース製作してもらって交換したほうが
今後のことを考えても、その方がいいんだよ~!」
とのお客様の声もいただき嬉しく思うこのごろです。

確かにそうですね!!
配管を取り外すという作業がとても大変ですね!!
「ホースだと融通きくので交換作業の手間のことを思えば配管交換作業よりも
油圧ホースを製作してもらって取り付けたほうがいいんだよ!」
お客様の声をおききし、なるほど!!と納得しております。

写真は、お客様が配管を持ち込まれた際に撮ったものですが、
配管はクルマに残したままで、先端の口金具部分のみを持ち込まれるお客様もおみえになります。
「この金具両端で作ってくれ!」と持っていらっしゃいます。

この方法でしたら遠方の方からのご依頼もおうけできそうですね。

いつもありがとうございます。

【お問い合わせは お気軽に】
小鳥商会有限会社
TEL.0577-32-2294

お気軽にお問合せフォームよりご連絡ください。

お急ぎの際にはお問合せメールの後
お電話一本いただくことをお願いいたします。

Follow me!