油圧ホース修理製作の おどりしょうかいです。
ウチをみつけ、お問合せくださり本当にありがとうございます。
先日のコラムでお話しました
「HEX」のはなし~続~です。

油圧ホース修理製作のための必要情報には
◆口金具のHEX
◆90度口金具の立ち上がりの長さ
をいれておりません。

それは、サンプルとなる既存の油圧ホースや、破損した油圧ホース等の
現物を拝見した際に、口頭で確認させていただくからです。
基本的には現物油圧ホースをお持込いただく、あるいは、御送りいただき、
拝見して確認、ご依頼主様と口頭確認(会話を大切にしております)して
油圧ホース製作にはいります。

写真は、油圧ホースが「所せまし!」とならんで装着されているものです。
ネジですか?
すべて同じネジ!

HEXが重要!
画(写真)をみると納得しますね~~!!!

 

☆本日のコラム☆

。。。実は。。。
わたくしも大昔(笑)は、この現場を知らなくて。
お客様に「HEXが19では困る!17のものを探してくれ!!」との言葉に
困惑した時代がありました。
現場を知らないということは、お客様の心に寄り添うことが出来ませんね。
経験を経て、ようやく「心に寄り添うことの大切さ♡!」もわかるようになり、
それを大事にしていきたい! と思えるようになったここ数年。。↑。。
日々、がんばっていきたいですし。
日々、頑張れることに感謝です。

いつもありがとうございます。

お問合せはこちらから!

お電話でのお問合せの場合、番号通知での連絡をお願いをお願い申し上げます。
※非通知の場合対応出来ないこともありますのでご了承ください。